Escrowがクローズした後に やらなければならない事 知っておかなければならない事
2021-10-30

1.  新しいMortgageの支払日を確認すること。通常Mortgageの支払日は毎月1日です。例えばエスクローが9月12日にクローズした場合 エスクローで9月12日から9月30日の金利を支払っておりますので 次のMortgageの支払日は11月1日になります。10月1日から30日分の支払いのDueは11月1日になります。Mortgageはアパートのレントと異なり後払いになります。

支払い先ですが 申し込んだローン会社がそのMortgage債券をたまに転売することがあり、しばらくしたら支払い先が変わることがあります。その場合はその案内の手紙が来ますのでそれに従い支払いをしてください。支払い先が異なるだけで内容は最初に申し込んだローンの内容と変わりません。

2. 新しいHome ownerになったらたくさんのJunk Mailを受け取ります。Emailではなく普通郵便でもそうです。その中にはScam が多く含まれるので注意してください。何かわからない時はReal Estage Agentもしくはローンエージェントに確認してください。
よくあるのはGrant Deedのコピーを持っていた方がいいと言うScamの手紙です。これは必要ありません。もし何らかの理由で必要な場合はエージェントに言えば用意してくれますので くれぐれも注意してください。

3. Property taxがMortgageにImpoundされている場合は問題ありませんが Impoundされていない場合は 毎年10月くらいにProperty taxの請求書を受け取ります。でもこの請求書はその年の1月1日に所有者であった人のProperty taxの金額です。あたなは新しくこの家のオーナーになったので 購入金額によって新しいProperty taxが査定されます。あなたのProperty taxとそのProperty taxの差額を支払わなければなりません。それをSupplemental Taxと言います。今はPandmicでCounty Officeも人手不足なのかわかりませんが Supplemental Taxの送付が遅れることがあるようです。Property taxがImpoundになっていない方は Late feeを支払わないためにも Propertyt taxの金額と支払い期日を知っておくべきです。 詳しくはエージェントに調べ方を教えてもらってください。


戻る