Luxury Vinyl Plank Pros & Cons
2022-02-02

今やLVP (luxury vinyl plank) は新築物件などにはほとんど使われているというほど人気のフローリングです。
その理由は簡単にわかります。手頃な価格でメンテナンスが簡単で、家の美観を引き立たせるのにちょうどいい質感と仕上がりになっています。一方、技術の進歩により、この人気のある製品の洗練度と耐久性が向上しています。

LVPフローリングとは何かを詳しく調べて、その長所と短所をいくつか調べてみましょう。

まず、LVPフローリングとは何かを理解しましょう。

LVPフローリングは、長い長方形のストリップで提供されます。LVPフローリングとシートビニールを区別することが重要です。

シートビニールは、その上に摩耗層を備えた薄くて柔軟なビニール素材で構成されています。しかし、高級ビニールははるかに厚く、堅固で満足のいく剛性を提供するために材料のいくつかの層で構成されています。

*堅い裏打ち層 ー 群を抜いて最大の層。
*木目や石の外観をリアルに印刷してある層。
*日常使用の摩耗から保護するための2つの透明な最上層

LVP(高級ビニール板)フローリングは、高級床材の外観と感触さえも提供するように設計されています。シートビニールのように接着する必要はなく、LVPフローリングははめ込み式に作られているので接着剤は必要ないです。

長所
1 非常に手頃な価格
LVPフローリングの一番の利点は、その手頃な価格です。
LVPは、本物より5倍から10倍安価になる傾向があります。 1SFあたり2ドルから5ドルの範囲で、LVPは木製の床やタイルよりもかなり手頃な価格になります。
それに加えて、設置がはるかに簡単です。
2 簡単なインストレーション
LLVPフローリングの主なセールスポイントの1つは、簡単にインストレーションできることです。
実際、このフローリングは簡単な家の改修に最適です。安価なLVPフローリングに、「ピールアンドプレース」バッキングが付属しています。これは、バッキングを取り外してストリップを床に押し付けるだけです。それ以外は縦と横に溝があり隣の溝にはめ込むだけで簡単にインストールできます。
3 美しいデザイン
LVPフローリングは 技術の進歩により本物と同じような深い色合い パターン Texture
で広葉樹、石などを再現させています。
4 素晴らしい耐久性
LVPフローリングは非常に頑丈で、長期間にわたって耐久性があります。表面に透明のLayerで傷などを防ぐコーティングがなされているので 多少家具を動かしても大きな傷になることはないです。
5 簡単なメンテナンスと修理
メンテナンスと修理が非常に簡単です。ビニールですから防水はバッチリですね。

短所
1 品質に一貫性がない
トップブランドでもそれぞれによって品質が異なります。そのため、LVPフローリングを選択する際には、製品の構造と厚さを考慮することが重要です。より厚いビニールフローリングは、より耐久性と弾力性があります。強度を高めるために4層の素材を使用したリジッドコアビニールがいいです。
2 剥がすのが難しい
LVPフローリングで接着剤付きのものはたまに接着剤が簡単に剥がれないことがあります。接着剤なしのもたくさん出ていますので 接着剤なしのを選ばれる方がいいかもしれません。
3日焼けする可能性
安価なLVPブランドを使用する場合、UV耐性のある保護層がない場合があります、この場合太陽によって日焼けを起こす可能性があります。これはどのフローリングにでも当てはまります。最高級のLVPブランドでは普通のフローリングに比べてUV加工がきちんと施されているので日焼けする可能性は低いです。


戻る